CBDグミに対する不安・バッドトリップしてしまう?

CBDグミに対する不安・バッドトリップしてしまう?

まだ日本での知名度は今一つのCBDグミ、取り合えずドンキホーテで売られていたから買ってきたものの、本当に口に入れて良いのかと不安に感じている方が多く見られます。

ただどうやら誤った噂が勝手に独り歩きしているだけというのが真相のよう、そんなのを信じて使わないでいるのは勿体ない・真実を知れば「なあんだ」とすぐにも口に入れることが出来るはずです。

「バッドトリップしてしまうのでは・依存症になってしまうのでは」、これはヘンプ=危険薬物といった考え方からくるものです。

何しろ連日のように有名人の大麻所持のニュースが報道されているのですから、日本人が過剰に反応するのも分かります。

でもよく考えてみると七味唐辛子に入っているのは麻の実・夏の衣類で麻素材が使われていて、ヘンプイコールというのは乱暴な方程式です。

ヘンプから取れる成分・カンナビノイドは100種類以上、その中で危険なTHCとは別にCBDは存在するのです。

ですからCBDグミを食べたところで恐ろしい精神作用が襲ってくるようなことは無し、そんな製品を日本の普通のお店に置いてあるはずもないのです。

もちろん限度を超えた量を一気に摂取していると身体に負担はかかりますから、用法用量を守って正しく使うようにはした方が良さそうです。

カンナビノイドをすべて入れた製品が「フルスペクトラム系」、プラスウィードのグミなどはこれに当たります。

ということはTHCだって入っているのではと使えずにいる方もいるかもしれません。

ただフルスペクトラム系の場合、一つ一つの成分は少量ずつですからTHCが入っている量もごくわずか、CBDによって抑えられてTHCの恐ろしい作用が抑えられていますしむしろTHCなどその他成分があることでCBDの効果が高められているといった利点はあります。

だからこそ世界的にもフルスペクトラム系は人気です。

もちろん日本の法律ではTHCは禁止、なので国産のプラスウィードなどはTHCが入っていないフルスペクトラム系なのです。

つまり正確には「フル」とは言えず、ただ海外から個人輸入で取り寄せようと思うと正にフルの製品に当たる可能性はあり・それどころかTHCがたっぷり入った製品と遭遇することもあるかもしれません。

それを避けるためにも、信頼できるメーカーのものを購入する必要があるというわけです。